パソコンのハードディスクって?

ハードディスクをそのまま日本語に訳すと硬い円盤という意味になります。
少し古くからパソコンを使っている人ならフロッピーディスクというものを使ったことがあると思います。
つい最近まではコンピューターにバグが生じたときにはフロッピーディスクから起動するという事が多かったようですが、最近ではこの役目も終えてフロッピーディスクはそろそろなくなってきました。
フロッピーディスクの中身を見たことがある人もいると思います。
柔らかくて薄い磁気テープのような素材の円盤状のものが入っていたのですが、これに対して硬い素材を使ったということでハードディスクと呼ばれるようになったのです。
ハードディスクの素材はセラミックなどが使われているようです。
中をあければ分かると思いますが、非常に硬い金属の円盤が層になっています。
ここにデータを書き込むことにデータを保存することができるのです。
データを保持するといえばメモリもデータの保持に役立っていますが、メモリとの違いは電源を切ってもデータが消失しないという店でしょう。
メモリーは電圧をかけ続けていなければデータが損失してしまいます。
ですからパソコンの電源を切ったときにはメモリ上のデータはクリアされるのです。
これに対してハードディスクのデータは電源を切っても消えることはありません。
ですからパソコンを起動したときには、まずハードディスクからメモリ上にデータが読み込まれるのです。
最近では大容量のものも価格が安くなってきていますし、外付けのものもありますから、かなり便利になってきているといえるでしょう。