消費者金融の規制緩和で影響する人、しない人がいる?

現在自民党で検討されている消費者金融の規制緩和は、消費者金融にとっては悲願といっていい総量規制の撤廃が含まれています。
この総量規制のおかげで銀行のカードローンに比べてかなり不利な条件で営業をさせられていたことを考えれば、吉報といっていいでしょう。
しかしこの規制緩和で割を食うのは信用力の低い顧客です。
総量規制の撤廃と上限金利の緩和はセットになっていますが、同時適用を条件にしていません。
つまり、信用力の低い顧客に対しては金利を上げることが可能になっているのです。
今まで20%という上限金利に守られていたのに、これが撤廃されたために金利負担が大きくなります。
結果として強いものは融資枠が高くなり徳をして、弱者の負担は大きくなるのです。