火災保険のA構造ってなに?

火災保険には建物の構造によって決められる、構造級別というものが存在します。
これは自動車保険でいうところの、ノンフリート等級制度と少し似ており、このランクが高いほど保険料は安くなり、逆にランクが低いと保険料が高くなってしまいます。
この構造級別がどのように設定されるかというと、鉄筋コンクリートであるかどうか、などの査定によって決められています。
鉄筋コンクリート造の建物は住宅物件ではA構造という設定になります。
反対にランクの一番低いものはD構造となり、木骨造で外壁が不燃材料でないもの、ということになります。
近年新しく新築する住宅では、多くがA構造となるでしょうが、好みで木造の家を建てたりする場合には、この点もよく把握しておいた方が良いでしょう。
保険無料相談の体験談の評価は?後悔した人はいる?【リアル体験口コミ】