住宅ローン審査に落ちた理由をシュミレーションすると?

今回は住宅ローンの具体的なシュミレーションを以下の設定で行ってみましょう。今現在35歳の男性で年収が400万円あるとします。妻子と合わせて3人家族の設定です。彼のようなケースでは、住宅ローン審査に落ちる事はよほどの事がない限りありません。仕事も長年一筋で頑張っているので、返済能力も十分あり得ると判断されるわけですね。しかし彼のような立場の人でも、場合によっては審査に落とされたという事はよくある事です。その審査落ちた理由として挙げられるのが「車のローンなど返済途中のものが他にあった」場合です。いくら年収が高くて返済能力が認められたとしても、今現在返済途中のローンがあると審査落ちしてしまう事があるのです。これは貸し手の立場になれば分かる事で、借金中の相手に莫大な住宅ローンを組む事は避けたいものです。そのため彼のような人が審査に通るには、まず他の借入を返済して「私は返済できる人間です」と借入経歴でアピールする事が大切となります。

住宅ローン審査基準甘い銀行
住宅ローン審査に落ちた理由を考えるには、まずどんな基準があるのかを知っておくことが必要です。そしてさらに住宅ローン審査が甘い銀行とはどのようなものなのかを知っておくことが必要になります。住宅ローン審査で迷ったらまずは読んで欲しいサイトです。
www.jutakuloan-shinsa-ochita.com/